車中泊におすすめのグッズ、車中泊の注意点、おすすめスポットの紹介

車中泊のススメ!

車中泊におすすめなグッズ~寝具編~

更新日:

車中泊にちょうどいい寝具の選び方とは?

車の中で寝るのにお布団がいるの?軽いタオルケットくらいでいいんじゃない?温度変化にも対応した車中泊におすすめな寝具の選び方を説明します。

潮岬で車中泊

季節の気温に負けない寝具選び

「長期休暇にキャンプや山、海に行きたい!けど宿を予約すると高くついてしまう。テントも一人で張れるか心配。」

そこでお勧めなのが車中泊です。ポイントさえ押さえれば楽チン・快適に旅を楽しむことができるでしょう。

車中泊ではテントと比べはじめから屋根があり、エンジンをつければ空調も操作でき、ある程度の防犯対策が可能な点でも十分なメリットがあるといえます。

しかし寝具選びや準備を怠ると十分に眠れず、せっかくの休暇に疲労を溜めてしまう結果になります。どんな寝具がベストでしょうか。

ポイントは「季節の気温に合った寝具のチョイス」です。

夏は車のエンジンを切ると外気温に合わせて車内も高温になります。冬はスキーなどで雪山に行くと氷点下まで気温が下がることが珍しくありません。

ですので春、秋特に冬は保温力に優れたマミー型の化繊の寝袋がお勧めです。夏は家にある毛布か、封筒型の化繊の寝袋がちょうどいいでしょう。

また、寝具の下にマットを敷いておくほうが無難です。

参考サイト:車中泊におすすめなグッズ~防犯編~

寝具の特徴を理解する

「冬でも毛布でいいのではないか?」そう思うこともあるでしょう。しかし実際に毛布のみで車中泊に臨むと、とても寒いのです。

どうしても毛布と体の間に隙間ができ、保温が難しいため気持ちよく眠れなくなってしまいます。

そこで寝袋(シュラフ)の出番です。寝袋にも用途に応じてタイプがあります。

封筒型、マミー型の2種類が大きく分類されます。

封筒型はメリットとして「普段使用している布団に使用感が近い」、「就寝時の圧迫感が少ない」、「価格が安いものが多い」、「家族単位で使うのに便利」などが挙げられ、デメリットはその重さと大きさです。

マミー型はメリットとして「コンパクトに収納できる」、「重量が軽い」、「寒冷時に向いている」ことが挙げられ、少し使用時に圧迫感があるのがデメリットといえます。

それぞれの特徴を頭に入れ、最適な寝具を選んでより良い車中泊スタイルを開拓できるとよいですね。

参考サイト:車中泊する人におすすめのアプリ紹介

[ スポンサーリンク ]

-車中泊

Copyright© 車中泊のススメ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.