車中泊におすすめのグッズ、車中泊の注意点、おすすめスポットの紹介

車中泊のススメ!

軽自動車でも車中泊は出来る!?

投稿日:

意外と快適!軽自動車の車中泊

車中泊といえば車内が広い大きなワンボックスカーをイメージするけど、今乗っている軽自動車では無理なの?軽自動車での車中泊について説明します。

車中泊

軽自動車で車中泊?

今、ホテルや旅館を使わずに、車内で寝泊まりをする、「車中泊」が密かなブームとなっています。宿泊費は浮きますし、車内なのでプライバシーも安心と、車中泊ならではの快適さ、楽しさがあります。

しかし、やはり問題となるのは、その広さ。快適な睡眠をとるためには、やはりそれなりの広さや、フラットな空間が必要となります。

そのため、車中泊というと、どうしても大きなワンボックスカーをイメージしがちですが、現在、ソロキャンプ人気に伴って、軽自動車による車中泊が注目を集めています。その理由としては、やはり、田舎道の狭さや燃費の良さがあげられます。そして、コンパクトなので「移動するマイルーム」といった感覚も楽しめます。

それでは、一体どのような軽自動車が車中泊に向いているのか、コンパクトな車体と広くて快適な睡眠空間という一見矛盾した課題を、どう解決しているのかを、紹介します。

参考サイト:車中泊にオススメのスポット5選(関西編)

車中泊に向いている軽自動車とは

軽自動車で車中泊をする際に、やはり最も快適なのはダイハツのウェイクやアトレーワゴンなどの軽バンです。

元々車内が広く、荷物を積みやすいように設計されているので、フラットな空間を作りやすく、車中泊をするのにも特別改造をする必要がないため、マットや布団を一枚用意するだけで簡単に車中泊を楽しむことができます。

そして、意外と快適なのがスズキのハスラーやジムニー。

ハスラーはシートのレイアウトがフラットな上、シェードやカーテン、ベッドクッションなどが正規アイテムとして用意されているため、もはや「車中泊をすることを想定に作られた」と言っても良いでしょう。

ジムニーは軽自動車唯一の本格オフロード車なので、そのままではフラットにできません。しかし、長い歴史の中で、愛好家によって様々な社外品が作られてきました。

DIYによって自分だけの車を作り上げるのも、楽しみの一つと言えるでしょう。

軽自動車は価格も手頃な上、コンパクトなので狭い道でも入っていけます。しかし、それはどこへ停めても良いというわけではありません。

マナーを守り、楽しい車中泊をお過ごしください。

参考サイト:車中泊にオススメのスポット5選(関東編)

[ スポンサーリンク ]

-車中泊

Copyright© 車中泊のススメ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.