車中泊におすすめのグッズ、車中泊の注意点、おすすめスポットの紹介

車中泊のススメ!

車中泊の注意点について~熱中症の危険性~

投稿日:

車中泊での熱中症のリスク

夏場、太陽にあたっていなくても、車中で長時間水分補給していないと熱中症になるって知ってる?熱中症にならない方法となってしまった時の対処法を説明します。

車中泊

梅雨の時期から夏にかけては特に注意です。

暑くなると多くなるのが熱中症です。夏場は色々な所で車中泊をする人が多くいらっしゃいます。夜は夏でもある程度涼しいのですが、昼間は暑いです。

車中泊の目的地までは車で移動するでしょう。車内で冷房をかけて行動をすれば構いませんが、ガソリン代を浮かせるために、我慢する人もいらっしゃいます。

少しの移動距離と水分補給などが十分できていればあまり問題ありませんが、移動距離もあり、水分補給が十分でないと、熱中症にかかる事があります。

熱中症は太陽に当たり続けなくてもかかります。汗を短時間の間に急激に流すと熱中症になります。ジメジメとする梅雨の時期から夏にかけては特に注意が必要です。

そして熱中症にかかると、意識が強烈な吐き気と共に、頭痛がして、更に意識はもうろうとして、寒気にも襲われます。たかが熱中症だと思わずに、命に係わる重大な病気です。

参考サイト:車中泊におすすめなグッズ~食事・食器編~

熱中症になってしまったら

軽症の場合ですと、軽い発熱や顔が赤くなったり、めまいがする程度ですが、その時に日陰で休んだり、十分な水分を補給したりしなければ、重症化する恐れがあります。

失神や嘔吐、血圧の低下、大量の発汗等を経て、この時点で放っておいた場合は更に重篤な状態に陥ってしまいます。

過呼吸、意識障害や高熱を抱えたりする状態となり、この状態だと命の危険度がかなり高くなります。熱中症の症状を感じたら、体の熱を下げる事が大切です。

冷たいタオルや、うちわなどで体を冷やす事が大事です。野外で活動されている場合は、冷房がかかっている室内に移動したり、日陰に移動する等して体を休めて下さい。

しかし、自分では何ともならない時は、救急車を呼びましょう。日頃からこまめに水分補給をすれば熱中症を予防する事が出来ます。車中泊等の際は熱中症にくれぐれも気を付けて下さい。

参考サイト:車中泊にオススメの国産車5選

[ スポンサーリンク ]

-車中泊

Copyright© 車中泊のススメ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.